三角形タイプと四角形タイプにぴったりなメガネのフレームは?

三角形タイプに適したフレーム

三角形のフェイスラインは、シャープな印象を与える顔立ちです。そのため、丸みを帯びたフレームを選ぶことで、顔の印象を柔らかくすることができます。また、三角形のフェイスラインの人は、あごのラインが細く、とがっていることが多いと言えます。そういった顔の特徴はメガネを強調しやすいため、細身のメガネを選ぶことで、メガネの必要以上の主張を抑えることができます。そのため、オーバルタイプというフレームの形は、横に広がりがある緩やかな曲線を持つタイプなので、三角形のフェイスラインの人に似合うでしょう。

また、メガネの主張を抑え、丸みのあるフレームが適しているので、より円形に近い形のフレームであるボストンタイプや、オーバルタイプよりも細身のツーポイントタイプといったフレームも似合うと言えます。

四角形タイプに適したフレーム

四角形のフェイスラインは、どのような形状のフレームでも比較的似合うと言えます。一方で、四角形のフェイスラインを強調してしまうような、角ばったタイプのフレームは避けた方が無難です。三角形タイプの人がかけるよりも、より存在感のあるオーバルタイプのフレームを選ぶことで、四角形のフェイスラインが持つ直線的な印象を柔らかくしてくれます。そのため、あまり直線的ではないフレームを選ぶことで、優しい印象を与えられるでしょう。

また、幅が広いフェイスラインの四角形タイプの人は、顔の縦方向を強調するため、ハーフリムタイプのメガネを選ぶことも1つです。そうすることで、フェイスラインの縦と横の長さのバランスが取りやすくなり、整った印象にすることができます。

眼鏡を選ぶときには、実際に掛けてみた時に顔が明るく見えるようなものを選ぶと、印象アップにつながります。